SA・PAの駐車場が「斜め」なのは、なぜ?

ーーーー全てではありませんが、とりわけ最近の高速道路のSA・PAの駐車スペースは一般的な長方形ではなく、平行四辺形の枠で「斜め」に駐車するカタチが増えてきていますよね~(^^)。

どうしてだか、ご存知ですか~?(^O^)。

大きな理由は、2つ。

① 逆走を防止するため
② 枠内に入りやすく、出やすくするため

だそうです(^^)。

ーーーーまず1つ目の「逆走防止」効果に関しては、

なるほど確かに、上手く考えられてますよね~(^-^)。

よしんばコンビニなんかの広めの駐車場とかに直角に駐車し、買い物を済ませていざ出発しようとすると…、
「あれ??、どっちから入って来たんだっけか?(・.・;)」
なんてことも、稀にあったりしますよね~^^;(笑)。

進行方向から斜めに停めれば、誤って逆走してしまう可能性はグンと軽減出来ていると考えられます(^^。

2つ目の、
「枠内に入りやすく、出やすい」
というのは、説明不要ですね(^^)。

長方形のスペースに直角に駐車するよりハンドルを切る量が少なくて済み、スムースに駐車・発進が出来るので、多くのクルマが慌ただしく出入りするSA・PAには斜め停めは適していると言えるでしょう。

ーーーー普段何気に利用しているSA・PAにも、様々なアイデアや工夫が盛り込まれているんですね~(*^^*)。

…自動車自体の進化も飛躍的に進む現在、
ご高齢ドライバーさんや初心者ドライバーさん等も気軽に車を運転出来るようになった中、比較的運転が得意ではない方々にもとても分かりやすくメリットが多い「斜め駐車」…、
今後益々SA・PAの駐車スタイルの主流になっていくことでしょう(^O^)。

長距離の運転等で疲れを感じたら、無理をせず早めにSA・PAに立ち寄ってしっかり休憩を取り、安全運転を心掛けましょうね~(^_^)/。


Glass Repair Factory 関東

代表 川添