リペアに使用するツール①

—-当店ブログをご覧いただきありがとうございますm(__)m
ご依頼・施工の合間を縫って、コツコツとブログも充実させていきたいと思っております(^^。

まずは「ガラスリペア」という作業に使われる工具の数々を順にご紹介させていただこうと思います。(…このへん、企業秘密にしている他店様もいらっしゃるようですが、ウチはオープンです(^O^)/(笑)。)

—-第一弾は、リペアに於いて最も必要不可欠且つ重要なツールである、こいつ↑…、
<インジェクター>と呼ばれるものです。

当店が使用しているのは「ecoVac」。
グラスウエルドジャパン社の、ハイスペック最新型インジェクターです↓。

強力な真空力を誇る逸品です!

こいつで負圧を掛けて傷内部の空気を取り除き真空状態にする事で、傷の先端までレジン(凝固する液剤)をキレイに圧入して固めることが可能になります。

負圧→圧入を数度繰り返し、丁寧に、完璧に液剤を隅々まで浸透させて、リペアを完成させるわけですね(^^)

この、「負圧を掛けられるか否か」が問題で、
この工程の有無によって仕上がりに大きな差が生まれます。
ネットや大手カーショップ等で販売されているDIYのガラスリペアキットでは、まず「負圧」をしっかり掛けて真空状態を作り出す事は不可能です。

よって亀裂内に空気が残り液剤が先端まで行き届かず、亀裂が塞がらないどころか、そこからまた亀裂が伸長してしまう可能性もある大変危険な仕上がりになってしまう事も、ままあるのです。

この<インジェクター>を使用しなくてもリペア可能な極々浅いチップや傷ならDIYという選択肢もお薦めいたしますが、ガラス内部まで亀裂の発生している症例の場合は、出来れば我々プロにお任せ下さいませ(^_^)/

フロントガラスの傷についての質問のみならず、使用工具に対する質問等も、ご遠慮なくなんでもお気軽にお問い合わせください!(^^)!

GRF関東
代表 川添